あっきーブログ

あっきー物語#6

+++この物語は、ピュアで内気で人一倍傷つきやすくてナイーブでそれでいて横顔がちょっぴり爽やかな超美少年がエレキギターという楽器に出会い、ギターを弾くことで自らの殻を打ち破り、一人の男としてたくましく成長してゆく過程を余すところなくドラマ化したものである!+++


<あっきー物語#6>

大学へは指定校推薦で進学することが出来た。
高校受験の失敗を胸に、大学は推薦で行って親孝行したいと思っていたのだ。。。というのは建前で、本当は大学へ行けば4年間バンドがいっぱい出来ると思っていたからである。どうしても浪人したくなかった。

入学式のキャンパスは新入生歓迎でごったがえしていた。

とにかく勧誘がしつこい。

「キミ、いい体してるねぇ!!!少林寺拳法やらない???」

「やりません!」

とかそんなんばっかりだった。

オレはバンドのサークルに入るんだ!と心に決めていた。

体育会の勧誘にウンザリしていると、ちょうど学生食堂の前でバンド演奏が始まった。

ドラムとベースとキーボードとギター、そして、、、ボーカルの人は、奇麗なお姉さんである!!!


あっきーの胸はときめいた。




ト・キ・メ・キである!!!






こ、、、これが共学か!!!



そう!何を隠そう第一志望の都立高校を落ちてやむを得ず男子校に入学したあっきーはずっと共学に憧れていたのである!!!



あっきーは昂った。



タカブッターーーッ!!!





演奏が始まった。




超カッコイイ!!!



説明によると、このサークルはオリジナル曲を演奏しているらしい。
このバンドはBLOODY MARYというバンドで女性ボーカルハードロックバンドだった。
これがあっきーの好みのど真ん中!超メロディアスハードロックなのである!!!

大学生の演奏レベルを初めて体験する!!!

ギターの人は長髪で、ものすごい速弾きだ!!!
鬼のようなフルピッキングはインペリテリを彷彿とさせる。
実はオレも少しだけ速弾きには自信があったけど、この人には全然かなわない!
やっぱり世の中は広いんだなあ。。。でも、、、もっと修行すればオレだってあれくらい弾けようになるかもしれない。すごい人がいるんだなあ。。。オレも頑張るぞ!

キーボードの人はものすごく色白で、ニコニコしながらとても楽しそうに演奏している。テクニックもすごいし、何よりも音色のセンスがすっごく良い。
いいなあ。この人と一緒にバンドが出来たらいいなあ。
キーボードが入ったバンドっていいなあ。。。

それにしてもボーカルのお姉さんは美人だなあ。すっごい声が太くてカッコイイなあ。。。

ベースのお兄さんはすごく男前だなあ。優しそうなお兄さんっていう感じだなあ。。。


そして、、、あっきーの目は、ドラムの人に釘付けになった。







プロだと思った。






これまで、高校で一緒にバンドをやっていたドラマー君たちとはレベルが明らかに異なっていた。



バンドとしても、すっごいかっこよかったけど、、、あのドラムの人、、、本当すごいなあ。



外見は普通に大学生って感じなのに、、、すっごい難しいフレーズをニコニコしながら叩いてる。



プロだと思ったその一番の理由は、そのしなやかさだった。



高校のときのドラマーもすっごい努力家で上手かったけど、聞いていて自然に体が動くようなしなやかさ。これは確実に次元が違った。。。





こういう人が、、、この大学にいるんだ。。。











それが、現在のちびらりのドラム、伊神先輩との出会いだった。。。






→続きを読む

  1. 2008/04/26(土) |
  2. あっきー物語

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード