あっきーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

あっきー物語#5

+++この物語は、ピュアで内気で人一倍傷つきやすいナイーブなJUNON BOY系の超美少年がエレキギターという楽器に出会い、ギターを弾くことで自らの殻を打ち破り、一人の男としてたくましく成長してゆく過程を余すところなくドラマ化したものである!+++


<あっきー物語#5>


あそこのパートは、、、ああいうフレーズで、、、そうあそこはブレイクで。。。

とにかくフレーズをちゃんと譜面通り弾くことに夢中で、頑張ってバスドラに合わせようとか、
ハイハットの音を良く聞こうとか、そんなことは全く考えていなかった。

いよいよライブ!!!

部員みんなでドラムセットやギターアンプ、ベースアンプ、PAアンプを持って大きな教室へ移動。

ついに本番!

人生、初ライブは、ベースで大成功となった。

曲はBOOWYのマリオネットとジュンスカ。あとZIGGYを演奏した。

楽しい!!

バンドって楽しいなあ!!!



まだバンド名もなかったが、そのバンドでしばらくはベースを弾いていた。






でも、、、やっぱりどうしてもギターが忘れられない。

バンドでギターが弾けないのはやっぱり少しさみしかった。本当はギターがやりたいのに。。。


家ではベースよりもギターばかり弾いていた。

やっぱりオレはいつか、、、バンドでギターが弾きたい!



そのバンドのギターのやつが、オレにいろんなCDを聞かせてくれた。中でも、VAN HALEN、OZZY OZBOURNEのRANDY RHODES、YNGWIE MALMSTEEN等いわゆるギターヒーローたちをかたっぱしから聞くようになる。

まずVAN HALENを聞いて衝撃を受ける。こ、、、これは大変だ!HOTEIさんが弾いてない音が入っているぞ!
それはライトハンド奏法であった。これはその友人から説明されたときに、なるほど!と思った。
右手で指板を叩くんだね。これはすごい!!!

続いてランディローズに夢中になった!この人は、ハートがある!!!
特にライブ盤のリフの中で突然飛び出すピッキングハーモニクスにシビれた!
しかしこの音の出し方がどうしてもわからず、もう少しでピッチシフターを購入するところだったが、ライトハンドを教えてくれた高校の友人に「アレはピッキングするときに親指を少しだけ弦に当てるんだよ!」というまたしても全く予想すらしていなかった解決方法を聞いたときにはとてもびっくりした。

そして最後に、YNGWIE MALMSTEENには特に多大な影響を受け、高校時代はスウィープピッキングの練習に明け暮れた。
これほど練習しがいのあるテクニックはない。また上手く弾けた時の爽快感も格別なのである。

ある日、BOOWYとジュンスカのコピーバンドのリハーサルの休憩時間中にギタリストのギターを借りてひらすらYNGWIEのスウィープピッキングをしていると、突然リーダーに肩を叩かれ「おめでとう!今日から君がリードギターだ!」と突然の昇格人事が行われ、急遽そこらへんを歩いていたかわいそうな後輩をベースに強制加入させてツインギター編成となり、そのBOOWYのコピーバンドは洋楽ハードロックのコピーバンドへと突然の変貌を遂げたのであった。

決してギターの座をのっとろうとか思っていたわけではないのだが、結果としてそうなってしまったのだった。

この初めて組んだバンド、バンド名はMRC(みそらーめんちゃーはん)という。。。
なお、実は先日高校時代のそのリーダーと10数年ぶりに再会した確認したのだが、このバンド名に特に意味はないらしい。。。笑。

オレたちは、いったいどこへ行こうとしていたのだろうか・・・






とにかく!!

ついに!!!

つ・い・に!!オレもギタリストになった!!!


本当に嬉しかった。ますます練習に明け暮れた。一日に10時間くらい弾いていたときもあった。
3年生になると、昼休みには軽音楽部の後輩がオレのクラスに来て「先輩!ギターを教えてください!」と言ってくれるようになった。
それがすごく嬉しくて、自分なりに一生懸命教えてあげた。

高校最大の思い出は文化祭の後夜祭で体育館で演奏したことだった。
BOOWY、ZIGGY、HELLOWEEN、YNGWIE、PRETTY MAIDSを演奏した。今思えば何がやりたいのか全く意味のわからないコピーバンドである。
しかし、なぜかそこそこ盛り上がっていた。

しかしそこに、トラップがしかけられていた。。。

ギターソロで前に出て行ったその瞬間、3mしかなかったシールドがアンプから抜けてしまったのだ!!!
一気にもり下がってざわつく会場。。。
その瞬間、あっきーはギタリストとして間違いなく「旬」であった笑。
ある意味、どんなソロを弾くよりも目立っていた。。。

このトラウマが、現在ライブでワイアレスにこだわり続ける原因となっているのは言うまでもない。



怒濤の文化祭を終え、ついにあっきーは大学へ進学する!!!


→続きを読む
  1. 2008/04/26(土) |
  2. あっきー物語

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。