あっきーブログ

TAKADANO BARBARIANS #2

昨日は、ヨシミとヨコヤマと鉄拳して遊んだ。

そう!!

オレたち三人、「強敵」と書いて「とも」と読む、ライバル同士!!!



今日は最後にオレが勝ち残ったのだが、その後乱入してきたオニーサンにあっさりボコボコに負けて、

その負けっぷりがあまりにも気持ちよかったので、


やっぱり大至急!!三人で飲みに行くことになった!!!




こないだオレとヨシミで飲んだ、あのナイスな居酒屋へゴー!!!である。






この居酒屋は、なんと炭火焼きで自分で魚を焼いて食べるという、
ちょっと変わった居酒屋なのである。





ほらホッケ来たあああ!!!

1_20080605135857.jpg





さあテンション上がってきたよぉぉぉ!!!




ほら火力が強いから、はやくひっくり返さないとコゲるどぉぉぉ!!!




おらおらおらああああ!!!



つってたら




マグロカマ来たあああ!!!



2_20080605135909.jpg



おめえら、さらに盛り上がって行くどぉぉぉ!!!


じゅーーーっと来たよぉ!!!




はうっ!!!



どうですか、この骨と骨の間のパラダイス銀河!!!



夢・ファンタジーがいっぱいいっぱいつまってるどぉぉぉ!!







そしてついに来たああああああ!!!ホタテだーーーっ!!!

3_20080605135915.jpg





しょうゆとバターをそーーーと入れて、、、




うんめえ!!!!マジうんめえ!!!








ホタテ最高!!!





繰り返す!!!






ホタテ最高!!!






オレたち三人のテンションは終始あがりっぱなしで、とってもおいしいお酒が飲めました♪






さあここで、オレたち鉄拳仲間の一人、ヨコヤマをご紹介しよう!!!










ヨコヤマとの出会いも、ヨシミと出会ったあの同じゲーセンである。

彼はちょっぴりコワモテで、いつもおしゃれに整髪料で髪を整えていたので、

オレとスガッチは陰で「シバタ」とあだ名を付けていた。

「柴田恭兵」さんになんとなく雰囲気が似ていたのだ。




なので、名前を知って仲良くなるまでは、スガっちとオレで、

「おい!今日は、イマダさんとシバタさんがいるぞ!」なんて陰で言っていたのである。


鉄拳というゲームには何十種類ものキャラクターがいて、みんないろんなキャラクターを使って遊ぶのだが、

「シバタ」さんだけは、鉄拳のキングというプロレスラーのキャラクターしか使わない、ストイックなファイトスタイルでひときわ目立っていた。

そして、相手のダメージが「0」近くなると、あとパンチ一発で勝てるというのに、あえてとどめはささず、

相手をもう一度立ち上がらせて、最後のチャンスを与えてからあらためて勝負する、

という非常にスポーツマンシップに溢れたフェアプレイの人だった。



これぞ!!!


まさにプロレス魂!!!



スガっちとオレで、「シバタさんのファイトスタイルは、人として素晴らしいね!!」といつも感心していたものだ。


でも、全然違う会社の人だし、まさか仲良くなれるなんて、全然思ってなかった。






そこへ、ヨシミがあのキャラを活かしてオレたちと仲良くなり、



そしてさらに「シバタ」さんとも仲良くなり、


さらにさらにそこらへんにいた、全然関係ない他の会社のサラリーマンさんや、挙げ句の果てにはピチピチ女子大生とも仲良くなり、




なんと、ヨシミ主催による「鉄拳飲み会」が盛大に開かれることになった。



ヨシミのこの企画力、行動力はマジでスゴイと思った。。。

こんなマネ、、、オレにはとてもマネできねえ。。。




というわけで!!!



全然関係ない会社に働いてて、普通ならば絶対にお話する機会もなかったであろう、

お茶の水界隈のサラリーマン十数名、そしてピチピチ女子大生一人が、、、




なぜか飲み屋に集結!!!




全員にビールが行き届いていることを確認して、




幹事であるヨシミが、一言挨拶をした。







「えーみなさん。

本日はお忙しいところお集りいただき、誠にありがとうございます。


我々は、ひとつのレバーと、4つのボタンで知り合った仲間です。


同じ「鉄拳」というゲームを愛するもの同士、


これからみんな、仲良くしていきましょう~!!!カンパ~イ!!!」











ひとつのレバーと、4つのボタンで知り合った仲間・・・





なんて素敵な言葉なんだろう!!!





感動の名スピーチです!!!






ヨシミのおかげで、この鉄拳仲間はどんどん仲良くなって行ったのであった。




ヨコヤマともどんどん仲良くなって、少しずつ彼の素顔が明らかになってきた。




実はオレらよりもちょっぴり年上で、もう結婚してて一児のパパさんだという。




このお子さんがちょーカワイイのだ!!!


本当に満点パパなのである!!!





さらに聞くとなんと!!!





ヨコヤマもかつてはバンドでベースをやっていたのだとか。




さらにさらに聞くとなんと!!!




高校生にして、超満員の横浜スタジアムで演奏したことがあるらしい!!!





す、、、すげえ!!!






そして、


今では腕っ節一本で一家を支える大黒柱!!!





オレとかヨシミとかとは、しょってるモンが違う!!!






男!!!






いや漢!!!







真の漢の背中とは、やっぱしカッコイイものなのである!!!





こうして、TAKADANO BARBARIANSのベースは大至急!!

漢!!!ヨコヤマ!!!に決定したのであった!!!



なお、ヨコヤマは年上ですが、
同じ鉄拳仲間として、尊敬と親愛の念を込めて、
あえて呼び捨てさせていただいております。




漢!!ヨコヤマ!!!の、

炎のダウンピッキングこそが、TAKADANO BARBARIANSの屋台骨なのである!!!













と、バンド談義で宴もたけなわのところに、











突然!!!


















目の前が真っ暗に!!!









































それと同時に、







70年代ソウルの永遠の名曲、






The Stylisticsの、






Can't Give You Anything But My Love








が、








真っ暗闇の中、










常識外れな、







けたたましい大音量で店内に流れまくる!!!








































これは、もう。






どんなに頭の悪い、酔っぱらいサラリーマンでも、







「 閉 店 だ か ら 出 て 行 け 」






ということが一瞬で理解出来ますな(笑)





でも、これで、




終電までだらだらと飲むのではなく、






11時きっかりに「気持ちよく」家路につける!!!








という、非常に親切なお店なのである。






The Stylisticsの爆音が鳴り止む頃、





店員さんが拡声器で、



「え~皆様あああ!本日はあああご来店いただき誠にありがとうございましたああああいいい!明日、あさってもご来店心よりお待ちしておりますううういいいい!!!らっしゃいしたああああ!!!!いあいしたああああ!!!!いあいしたああああ!!!!」





とまくしたてるという、、、





なんだか筋肉少女帯のライブみたいでとってもカッコイイお店なのであります(笑)




今度、BARBARIANSメンバー全員で来たいなあああ。。。

  1. 2008/06/05(木) |
  2. ばあばりあんず

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード