あっきーブログ

鬼太鼓#2

まあそんなこんなで、、、


















おばあちゃんに心から感謝しつつ、、、














みんなで楽しくお食事をして、、、














さんざん飲みまくって、、、










近所のじーちゃんとかみんな、べろんべろんになって、、、






帰りのバスに乗り込んだわけですよ。




























で、やっぱさ。














バスってアレだよね。


















おいどんは知ってるよ。














バスの法則!!!
















修学旅行でもなんでもそうだけど、




























ガラの悪いヤツは、いちばん後ろの席!!!笑。


























間違いない!!!笑。


































で、おいどんはそのいちばん後ろの席のひとつ前の席に座ったわけよ。




















でね。
















おじーちゃんみんなで、たのしくわいわいお話しててさ。






























なんとはなしに、、、イヤでも耳には入って来るわなあ。






















特に後ろの「ガラ悪い席」から!!!笑。

























とにかく、、、話しの世界観が・・・・・・スゴすぎるのだ!!!
























「いやー食った食った。あとは帰って寝るだけらろ」





「おい、そーいや、あっこのヤスケさん、ついに運転やめたらしいろ!」


(注:名前は仮名です。また佐渡では語尾の「だぢずでど」が「らりるれろ」に変換されます)












「ほおお~そうかのう。とうとうやめたか。」








「あのもんにハンドル持たせたら あぶのうてだちかんちや」
(あの人に車を運転させたら危険でたまったもんじゃないですよ)










「なんせ車同士正面でぶつかってもわからずに、そのまま通りすぎていったっていう話だっちゃ!」










「それが運転やめたんならあ、そらあよかったのう」








「そういやオラみたっちゃ!こないだ交差点でのう。トラック運転してる女のモンが、信号待ちしてて青信号で発車したらの。急発車してそのまま交差点の角に家の壁にまっすぐ激突したっちゃ!」










「それは大変ちゃ!」












「そんで大丈夫か心配しとったらのう。タイヤもパンクしていまにも取れてしまいそうになっとるのに、車がナナメになったままのう。なんとヨロヨロとそのまま走りすぎていったっちゃ!アレにはオラっちビックリしたっちゃ!」




















「それはビックリだっちゃ!」






























「そらあもう佐渡は無法地帯だっちゃ!」


































「ああもうここは日本じやねえな!」






























「もう中国だっちゃ!」




































「中国かあ・・・せめて・・・ロシアにしてもらえんか???」












































というような、笑っちゃいけないんだが、あまりにも面白すぎる会話がさんざん繰り返されているのである!!!笑。
















おいどんは笑いをこらえるのに必死だ!!!笑。










































さらにおじいちゃんトークはヒートアップ!!!
































さんざん盛り上がったところで、












































一人のおじいちゃんが、、、切り出した。。。








































































































「次は・・・誰かのう・・・」














































































しばしの沈黙のあと・・・
















































「オラじゃ・・・」
































「いやいやおまえさんまだ肌もツヤがあるしのう。次はオラッちじゃてえ」






























「いやいやそなん言うたらオラっちのが早ええが!」








































「いやいやオラが!!!」
























































と、話しが大変な展開に!!!














































カオスです!!!




































このマイクロバスはただいまカオスです!!!




















































誰か助けて!!!
























誰かこのバスを助けて!!!笑。
































































最終的には










































「オマエ逝くときは前もって言えよ!香典の準備があるさけえ!」




































という友情なのかなんなのかよくわからない展開の後、










































「オラっちんときは、こんな立派な葬式やら念仏やらいらんちや。鬼太鼓で送ってくれんかのう」


























「おお送っちゃる!鬼のリクエストはあるかえ?」




















「ヨヘイさんとジロベエさんの鬼はよかったのう」
















「あの時代の二人はすごかったのう。動きがよかったのう。」
















「タイコは誰にするっちゃ?」


















「タイコはやっぱりキチエモンさんじゃ。あんときが一番すごかったのう」
















「おおあんときのオンデコはすごかったのう」


















































「でもオンデコするんじゃ、花を出さんといかんのう」
























「そうじゃ。香典もろても祝儀を出さにゃいかんのう」
























「そしたらどうしたらええんじゃ?」
























「だから先に言うといてもらわんとのう」
































というわけで、なんだかわかりませんがものすごい勢いで「鬼太鼓葬」の予約が確定しているようです・・・


























めっちゃ面白すぎるんだけど・・・笑っちゃいけないんだけど、、、でも笑うしかない!!!笑。




















とにかくすんごいバスに乗り込んでしまった!!!笑。






































でも、おじーちゃんたち、すっげーカッコイイなあと思いました。












人生を達観してるっていうか。




































なんか有名大学出たとか、有名会社入ったとか、給料いっぱいもらったとか、貯金が何千万あるとか、







都会ではそういうレースやってますケド。







そのレースの果てに、何があるんだろう???




































「鬼太鼓を伝えてゆく」













上から教わったことを、下に伝えてゆく。











それが「役目」




















もしかしたら、








それだけで、いーんじゃねーっていう。






















で、
















きっちり下の代に伝えたし。


























もうオラいつ死んでもいいよっていう。




























そういう「受け継がれてゆく魂」を感じましたよおいどんは。








































おいどんもぜひ鬼太鼓やってみたい!と思ったんだけど、、、













平日の夜、毎日練習だから・・・












佐渡に転勤しないと無理よ。。。涙。















iwa.jpg
  1. 2011/08/20(土) |
  2. 日記

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード