あっきーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

恋歌ギターソロ事件#1

いやー本当に素晴らしいイベントでした!!!そして楽しかった!!!

ちびらりとして、このイベントにどれくらい貢献出来たのかはわかりませんが、
このイベントに参加させていただけて本当に光栄に思っております。
是非また機会がありましたら!と思っております。



さて、、、



前回も書きましたが、一部お聞き苦しい点がございましたことを、あらためてここでお詫びさせていただくとともに、

あの日あのときあの場所で、いったい何が起こったのかということを、私めの方から解説させていただきたいと思います。




まずこの物語の前に、「恋歌」という楽曲について、私めの方から軽くご説明させていただきたいと思います。












思い起こせば、おいどんがちびらりに加入した2006年。。。













まず、、、




そっからいきますよ!!!笑。











ほんとにね、バンドに途中加入するっていうことは、実はとっても大変なことなんですよ。





なんせ、短期間で何十曲もいっぺんに覚えなくてはいけないわけです。







そらーーー大変なコトなんですよほんとに。




前にあっきー物語にも書いたけど、稲葉の脱退ライヴを見に行った時、ライヴステーションのすぐ横のデニーズで、海ちゃんから「これがちびらり音源です。」といって渡されたCD-R。



CDアルバム「いちまいめ」とアルバムに収録されていない曲のライヴ音源が十数曲入ってました。




ひととおり、ざーーーと聞いて、まずバンドのコンセプトの全体像を把握しようとしたわけです。






そのときに、一曲だけ、特に耳に残る曲がありました。








これぞ!



80'sアイドル歌謡メロディを見事にメタルへと昇華した曲!












それが、





「恋歌」という曲でした。











ライヴ音源だったので曲の前に女帝さまがタイトルコールしてから曲が始まるんですが、









おいどんはずっと、、、











「れんか」、、、ではなく、、、、












「 で   ん   か 」








「殿下」のことだと思っていたのはメンバーには絶対に秘密だ!!!笑。










てっきり恋をするプリンスの歌かと・・・笑。















空耳というのは恐ろしいものなのである。。。
















で、その「恋歌」ですが、










当然セカンドアルバムの「にまいめ」に収録!!!










ただし、おいどんが聞いたライヴのバージョンは正直、


アレンジ的にはちょっとだけ単調で物足りないと個人的に思ってしまったのです。







せっかく歌詞とメロディがこんなにいいのに!!!





もったいない!!!





そこで、自分なりに歌詞の世界観をもっと表現できるようなギターアレンジを考案してみました。





Aメロはライヴ版では普通にギター2本ともユニゾンでパワーコードのザクザク刻みのみだったが、
それではヘヴィすぎるし、ちょっとつまらないので、片方のギターのみクリーントーンによる付点八分ディレイにしてみました。

これは歌詞に出て来る「降り出した雨音」をなにげに表現しているつもりなのである。

(おいどんは常に「雨音はショパンの調べ」を思い浮かべながら演奏しています笑。)


さらにBメロでの合いの手、そしてサビ前のツインハモリ、、、

サビでのハイポジションでのカッティングプレイ、そしてラスサビ前のオブリガートなどなど、、、

かなり自分なりにアレンジをしてメンバーに提案してみた。




それらの提案はありがたいことにメンバーにもすぐ受け入れられたのです!
作曲者のしんどーちゃんもとても喜んでくれて、おいどんもすっごい嬉しかった!!!

そして、肝心のギターソロについては、この曲は是非バンマスである海ちゃんにあえて弾いていただきたいとお願いしました。



うちのバンドの場合はツインギターのかけあいにするパターンが多いのですが、この曲は曲想からそのような長いギターソロは不要と判断。



さらに、たまにはバンマスだけのソロの曲があってもいいのではと。




そういうわけで、うちの楽曲の中で珍しく「海ちゃんオンリーのギターソロが聞ける曲」となりました。










そういった熱い想いをこめてアレンジしまくった結果、


「にまいめ」の中では、個人的に最も気に入っている曲になったのです!!!


自分が作曲した曲じゃないのに不思議ね。




結果として、ちびらりに自分が加入して、最もアレンジが変わったのがこの曲と言えるでしょう。












これで「恋歌」という楽曲が、どういう曲であるかご理解いただけましたでしょうか?






長くなりましたので、要約いたしますと





・個人的にはとても大切に思っている曲である

・曲想ゆえに珍しくバンマスのギターソロオンリーの曲である

・すなわち、数ある楽曲の中でもバンマスの「見せ場」となる曲!!!






まず、ここを押さえておくことが大事なポイントなのです!!!テストに出るところです!笑。














そして次回へ続きます!!!笑。







  1. 2011/07/13(水) |
  2. 日記

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。