あっきーブログ

渋谷の様子

※このブログは、自分自身がこの目で見たこと、そして自分が所属する会社スタッフから直接自分の耳で聞いた話をもとに、自分が感じたことを書いています。今の自分に何ができるか考えながら、復興へ向けての強い願いをこめて書いています。
なお、情報についてはニュース、ネットの公式情報のみをもとに書いています。






今朝は8時半に起床。まず確認したことは、電気が来ているかどうかです。
すると、なんと電気がついているではないですか。
iPhoneでニュースをみたところ、計画停電、今朝は武蔵野市を含む第一ブロックは見送られたとのニュースでした。

こういう場合、いつも自分が真っ先に思ってしまうことは「やるならやる。やらないならやらない」とはっきりしてもらいたいと感じてしまうところですが、今回の停電については話は別だと思い直しました。

うちは介護を経験したことがあるのですが、自宅介護をしている人には電気は文字通り「死活問題」なので、どうかこのまま節電がうまく行って停電しなくてもいいようにと願いました。

ニュースを見ると、吉祥寺駅は入場規制になるほど大変な混雑になっているようでした。
自分は時間を遅らせて10時前に吉祥寺駅に着いたのですが、まず目に入ったのが、エスカレーターが使用停止になっていた点。いきなし現実を見た気がしました。

10時頃にはすでに大混雑もおさまっており、各駅停車で30分ほどで渋谷に到着できました。
(通常は急行で15分ほど)

渋谷につくと、巨大電光掲示板がすべてオフになっていました。

1_20110314193541.jpg
朝10時半ごろ。

2_20110314193534.jpg
これは帰り道の夜六時ごろ。

3_20110314193528.jpg
夜六時ごろ。街は真っ暗でした。

駅前のパチンコ屋も六時閉店となっていました。





日本一ギラついてると思われるこの街も、「出来る限り」とは言えないかもしれませんが、みんなで少しずつ協力しあって節電をしているように自分には感じられました。



この電力が少しでも被災地に行きますように。



店に着いて確認したところ、電車が運転していないため、店に来れたスタッフは通常の半分の人数でした。

仙台店のスタッフに状況を確認したところ、とりあえずスタッフはみな無事ということは被災当日に聞いていましたが、その後の状況としては、ライフラインが危機であり、みんな自宅は水道が出ないとのことでした。

コンビニは空で、カップラーメンひとつ入手するのもかなりの困難とのこと。

店ではなんとか水道がでるので、自宅より全然ありがたいとのことでした。

なお、店内は崩壊しており、営業再開にむけて片付けをしたいのだが、大きな余震が続くため、作業したそばから崩れる危険があるため、なかなか作業が進まないとのこと。


しかし!

大事なことは、、、

仙台のスタッフは元気!!!

ほんとみんな元気!!!

絶対に復興するんだ!やるんだ!!!というガッツが伝わってきます!!!

逆に自分の方がなんだか元気がないような気がして、こんなことじゃ全然ダメだと反省しました!!!




元気を出して、自分たちに出来ることをひとつひとつやっていきましょう!

ちびらり帝国日誌で海ちゃんも書いてましたが、まずは「節電」。

海ちゃんがおっしゃるとおり、使わない器具の待機電力を抑える(コンセントを抜く)だけでもかなり変わりますよね。

自分もエアコンは使わず、パソコンもMacBookを使用しています。

トイレのウォシュレットのコンセントも外しました。部屋の明かりも最小限に。

ただし、ロウソクは余震で倒れたりしたら大変危険なのでくれぐれも気をつけましょう。





自分たちも一人一人が少しずつ、地に足の着いた行動をしていきましょう!


  1. 2011/03/14(月) |
  2. 日記

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード