あっきーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

電池交換祭

さて、一部のギターマニアな方々からすこしだけ反響をいただいているこの企画!

2017年、シンセサイザーRoland D-50の掃除と電池交換から始まったこの企画。。。

思い立ったら吉日、ということで、手元の機材を次々に電池交換していくことにしました!



まずはおいどんが高校生の頃買った、ZOOMの9030!

初めて買ったラックエフェクターです。ハーフラックなのがカッコよかった!!!

とにかくいろんなエフェクターがいっぱい入ってて、マルチエフェクターってすげえ!って感じで嬉しかったんです。



中でも画期的だったのが、


BOMERとかいう謎のエフェクトが搭載されており、

その名の通り、

ギターを弾くと、ピッキングと同時にちゅどーん!と爆発音が鳴るという驚愕のエフェクターでした!!!笑。


コチラの想像の遥か5万年くらい先を行ってるエフェクターで、現在でも使いどころをまだ発見できておりませぬ。。。笑。

なにげにミックスとかもいじれたりして、、、
もしかして使えるかも?って一瞬思ったんですが、
「ごめんやっぱりないわ〜!」っていう気持ちにさせてくれる素晴らしいエフェクトでした笑。


歪みとかは当時のZOOMさん頑張ってはいたんですが、いかんせんイマイチで、BOSSのDS-2と組み合わせて空間系専用で使ってました。


いつかBOMBERが使いこなせるギタリストになりたいです。。。



さ、さて、では電池交換をば。。。




9_20171225185232a65.jpg



1_201712251952095ef.jpg



この頃のZOOMさんは、現在の私の経験と知識から正直に申し上げますと、まだまだ音質クオリティ面ではトップクラスではありませんでしたが、いやはや現在ではもうほんとに世界トップクラスと言って全く問題ないハイクオリティの製品をリーズナブルに提供し続けてらっしゃいます!

斬新な発想力と、素晴らしい技術力!!!

日本が世界に誇るエフェクターメーカーさんでございます!!!



10_20171225185234cab.jpg



というわけで、先日ご案内したスーパー電池交換システムで、さくっと電池交換いたしました☆








さあお次は、、、おいどんが生まれて初めて購入したラックプリアンプ!

7_20171226121312204.jpg


Digitech GFX-1です。


こちらも先日ご紹介したMarshall JMP-1と同様、「ADA MP-1に対抗してみよう」シリーズです笑。

しかも特徴としては、チューブを搭載しているのにプラスして、Digitechならではのマルチエフェクトも搭載!
専用フットスイッチにプリセット名も表示できるのが最高でした☆


音もなかなか良い感じで、SATUATIONという項目があってコレをマックスにすると、けっこう真空管のニュアンスが出て良い感じの歪みになります。


JMP-1を手に入れるまでは、コレをメインに使ってましたね。


このプリアンプ、そのむかし、90年代にギターシンセを多用していたリッチーブラックモア大先生のラックにも一瞬入っていたことがありました。

RITCHIE.jpg


この画像をよ〜く見るとFLANGERのプリセットになっているようです。。。

このFLANGER、、、お世辞にも高品位とは言えないんですが、、、汗。。。


隠し味的に使ってたんでしょうかねぇ。



で、電池交換しようと開けてみたら、、、

2_20171225185220115.jpg


3_20171225185222345.jpg


4_20171225185223a03.jpg



なんじゃあこりゃあ!!!


4.5Vの四角い電池が搭載されているっ


これはオールドのMacintoshとかでも使用されていた特殊な電池で、ちょっとなかなか手に入りません。

というわけで、プリセット保存ごときに4.5Vも要求してんじゃねえよ!っということで、問答無用で3Vの2032に変換いたしました笑。

5_20171225185225ff6.jpg

動作確認しましたが、3Vでぜんぜん問題ないようです。

でも20年以上、よくプリセットを覚えていてくれました。。。感動。。。


なお、この子はチューブの歪みの音は温かみがあってすっごく良いんですが、

搭載エフェクターの音質はちょっとショボいのが残念でした。。。

特にコーラスはほんとショボイ・・・笑。


ただ、ディレイ、コーラス、コンプもあって、コレ一台で、なんとかなるっちゃなるので、けっこう便利でしたね☆








続いて同じくDigitechのTSR-24!
画像のいちばん下の子です。

1_20171226115806c49.jpg

この子は空間系エフェクターとしてはとても優秀でしたね〜

tc.electronicのG-FORCEに負けないくらい☆


アルゴリズムでディレイをいくつも連チャンで使えたり出来たりして、とても面白かったです。

中身にDSPを追加搭載することでTSR-24Sと同じにバージョンアップ出来たんですが、ついにそのチャンスはないまま、、、tc.G-FORCEがあればもうそれでOKということで、引退となりました。

一時期ちびらりのライブでFLANGER専用で使ってたこともありましたな。
FLANGERはG-FORCEよりこっちのがエグくて良かったんですよ!


さて、中身を開けてみますか・・・


7_20171225185228f5a.jpg


なんじゃあこりゃあ!!!




電池がない・・・




まじか?



ほんとに???




と思ったその瞬間!



8_20171225185229c60.jpg


ココにあった!!笑。



回路が複雑すぎて基盤一枚で入りきらず、こんな二階建て構造に。。。設計者の苦心が見えますね。。。笑。



たしかこのディレイはPERSONZの本田さんが長く使ってたはず。
90年代を代表する名機と言って良いのではないでしょうか。







さて、お次はROCKTRON INTELLIFEX!!!



画像の下から2番目です。



これはもう、たいへん長らくお世話になりましたね。


G-FORCEを手に入れるまでは、
90年代はJMP-1とINTELLIFEXのゴールデンコンビでよく頑張りました!


特にダッキングディレイと言って、弾いているときは小さめディレイ音で、弾き終わるとディレイ音がスムースに大きくなる機能があって、これがとても秀逸でした。

またコーラスもアメリカ的なこってり風味で、特に8 VOICEコーラスは、この子にしか出来ないとんでもない甘さのアメリカンキャンディのような味の濃さでした。

あとROCKTRONの伝家の宝刀のHUSHもなかなか良かったですなぁ☆


しかし、やっぱり全体的に味付けがアメリカンなんですよね。
音の空間の湿度。。。モイスチャー成分がもう少し欲しい。


スピルオーバー機能もないし。。。


tc.G-FORCEを導入して、あの北欧のひんやりした湿度のある残響音に魅了されてしまってからは、現役引退となりました。


ってことで、


いざ電池交換をば。。。



6_20171225185226642.jpg



なんじゃあこりゃあ!!!




これも電池がない・・・




しかも二階建てでもない。。。







こんなときは、、、


大至急!!!




代理店の日本エレクトロハーモニクスさんに電話!!!笑。





なんとINTELLIFEXとか、ROCKTRONの一部の機種は、揮発性メモリで電力入らずでメモリーしているのだそうです!!!



すげえっ!!!



これにはビビりました。


このインテリフィックスこれが初期型でSIAM SHADEのDAITAさんも使ってましたね。

このあとインテリフィックスオンラインとかいろいろなバージョンが発売されたんですが、なぜか初期型と音が違ってしまってたんですよねぇ。
さらに進化したXPRESSIONというのも一時期使ってたんですが、どうしてもRocktronというと、この初期型インテリフィックスに戻ってきてしまうのです。


20年以上前のエフェクターですが、これからも大切に使って行きたいと思います。


ずっとギターを弾いて歳を重ねて行くと、
ガムシャラだった当時に一生懸命バイトして買って弾きこんだ機材たちが、気がつけばビンテージみたいになってたりして感慨深いですね。

久しぶりに音を出してみると当時の思い出が蘇ってきたり。

ほんとに、エレキギターって素晴らしいですね☆






スポンサーサイト
  1. 2018/01/22(月) |
  2. ギター・エフェクター

Marshall JMP-1

1_20171220152009a5d.jpg


ごく一部に大好評の備忘録シリーズ!
今回はMarshall JMP-1について書いてみようと思います。



Marshall JMP-1。。。
これはMarshall史上初の(最後かもしれない?)MIDIプログラマブル・プリアンプです。

MIDIプログラマブルってのがミソです。


これは90年代初頭に登場して、すぐ入手しましたねえ。資料(マーシャルアンプ大名鑑)によりますと92年末に発売とのこと。


あの頃は、ラックシステムが「プロ用機」って感じで憧れだったんですよね。


というか、現代のようにコンパクトエフェクターでラックのように多機能で高品位なものがあまりなかったということもあります。

ラックエフェクターが世に出て来る前のエレキギターの機材って、アンプもエフェクターも種類もたくさんなかったみたいなんですね。

70年代初期のマーシャルアンプも、ギター用とベース用っていう区分もあまりない感じで、回路もほとんど同じだったり。。。

そもそもエレキギター用機材っていうのが少ないので、チューブスクリーマーとかBOSS OD-1がない時代に、なんか歪みが足りないよねっていう話になったら、レコーディング現場のいろんなのつないでみる?テープエコーとかつないでちょっとINPUTでブーストとかしてみよう。。。うん、あとはやっぱり気合いだよね!

・・・みたいな、、、おそらくそんな感じの70年代だったわけですよね。



で、80年代になってくるとどんどん世の中のデジタル化が進み、

デジタルは良いことだ!ということになり、

なんでもかんでもデジタル!デジタル!

デジタル腕時計からはじまって、

ニンテンドーはゲームウオッチを発売し、

トヨタソアラのスピードメーターまでデジタル表示になっちゃうよ!という時代になってくると、

レコーディング機材の方もいよいよデジタル化が進んでいくわけです。



SONYから登場したPCM-3324というデジタルマルチトラック24チャンネルレコーダーが1984年に登場。

レコーディングできるトラック数も増えて、良い感じの打ち込みドラムマシンも登場してきて、ヤマハから世界初のデジタルシンセDX-7が登場して、音楽もシュパーン!キラキラ〜!みたいな80年代特有のキラキラしたポップスになってくるわけです。


そういうオケになじむべく、当然ディレイもプレートとかテープとかアナログではなく、やっぱりデジタルでしょ!ってことでデジタルディレイが登場。


そしてデジタルディレイ戦争が勃発です。


国産初のデジタルディレイはおそらくRoland SDE-3000だと思われます。

1981年発売。ほぼ全てのレコーディングスタジオにあるくらい勢いだったかと。



それに対抗してKORGからあからさまにケンカを売っているかのような品番のSDD-3000も1982年末に登場。

原音に忠実でスタジオで重宝されたRoland SDE-3000に比べて、KORGのはガッツのある音色で、U2のエッジとか布袋さんがステージで使ったりしてロックギタリストに愛用されて有名になりました。

KORG SDD-3000はプリアンプ部に特徴があり、インプットを上げることでガッツのあるファットなサウンドが得られたんですね。

がしかし、ひとつ残念なのはMIDIがないことですね。。。
なのでブラッドショウ先生はMIDI搭載のRoland SDE-3000を好んで選んでいたのかもしれませんね。


ブラッドショウ先生と言えば、こういったデジタルディレイとかを綺麗に鳴らしたいってなると、歪みの前に残響音があると残響音が歪んで濁ってしまいますから、やはりプリアンプとパワーアンプの間にラックエフェクターを入れるのが理想だよね・・・っていうところに、

突如としてとてつもない高い壁のようにそびえ立って現れたのがスティーブルカサーのラックシステムで、
ボブ・ブラッドショウ大先生によってデザインされた「プリアンプとラックエフェクターをスイッチングシステムで一括コントロールしてパワーアンプで出力するというシステムを構築すると、こんなにハイクオリティで多彩なサウンドがスイッチ一発で呼び出せるんですね〜っ」ていう話になってくるわけです。

そういう感じでラックシステムっていうのがどんどん巨大化して「ラック機材=ハイクオリティ」という神話が構築されていき、世界中のギタリストが、プリアンプ、エフェクター、パワーアンプ、キャビネットを好みに合わせてくみ上げて行くっていうのが主流になっていったんですね☆


プロアーティストのステージ上も、冷蔵庫みたいなのがずら〜っと並ぶのがスゴかった時代。


大きいことはいいことだ!


デジタルなのはいいことだ!


プロミュージシャンはみんなラックを使っている!かっこいい!


みたいな流れですね。


でも、空間系はデジタルが主流になっていきましたが、ギターアンプは、やはり真空管のアナログサウンドがいいよね!っていうことになっておりました。

ギタリストの耳が、そう判断したんですよね。


そういう時代に導かれるように、アナログ回路で真空管搭載で、そのプリセットをMIDIでコントロールしよう!ということで、80年代後半にADA MP-1が発売され、ギタリストたちが一斉に使用しはじめます。

プリセットをMIDIコントロールで、デジタル機器と一緒に制御できることは、ステージでもやはり便利なんですよね。


で、そのADA MP-1の大人気に対抗して、おいおいちょっと待てよ!っていう感じで登場したのが、本家MarshallのJMP-1でした。
さっきのデジタルディレイじゃないですけど、もう製品名からしてケンカを売ってるとしか思えませんよね笑。

アナログにずっとこだわってきたアンプの王者マーシャルが、ついにMIDI搭載のプリアンプを発売!ということで衝撃でした。

そんなJMP-1はヴィンテージライクなOD-1と、ちょっとモダンな感じのOD-2と、CLEANも2チャンネルあって合計4チャンネルをMIDIコントロールできる素晴らしい内容でした。


やっぱり当たり前ですが、ADA MP-1よりはマーシャルらしいサウンドってのがポイントです笑。


でもやはりパワーアンプでもしっかり歪ませる音作りにしないと、なかなかマーシャルヘッドに肉薄できないんですけどね。


でもこのJMP-1にしかないサウンドがあり、いまだにたくさんのギタリストに愛用されてるのです。



なにげに特筆すべきは、スピーカーキャビネットをシミュレートしたアウトが搭載されており、このサウンドが秀逸でした。


90年代当時の自宅録音は、ほぼこれのみで済ませてましたねぇ。



さて、すごい話が脱線してしまいましたが、、、電池交換〜



4_201712201520189cd.jpg

2006年に一度、電池交換してるんですが、当時はハンダで直接電池に配線する強引な手法だったので、
今回は今後のメンテナンス性も含めて、電池ホルダーにしてみました☆


2_20171220152012da6.jpg





3_20171220152015c5b.jpg


そして技術は進歩し、コンパクトエフェクターでもラック並みに高品質な空間系が発売されたり、

ヘッドみたいに良い音のする歪みエフェクターもどんどん発売され、

スイッチングシステムもラックではなく足下で完結できるようになると、

デカイ、重い、高い、というラックシステムはやがて衰退していったのでした。。。



でもやっぱり、あのときのプロ用機材!っていう憧れの気持ちはずっと残ってます。


Marshallの名機 JMP-1は、今でも自宅で練習やレコーディングに大活躍してくれております☆


いつかまたライブでも使いたいですね〜(^○^)
  1. 2018/01/20(土) |
  2. ギター・エフェクター

tc.electronic G-Force

また今回も機材ネタですだ〜

なんだかほんとに物忘れがひどくなってきたので、もうこうなったら本気で備忘録を作ることにしました笑。

誰かの何かのお役に立ちますように☆
※参考にされる方はあくまでも自己責任でお願い致します〜


ではtc.electronic G-Forceの電池交換!

1_20171213114036d93.jpg


1997年発売。
当時の定価がたしか20万以上だった高級エフェクターで、かなりの衝撃でしたね〜


だってさ、何と言っても!


Gフォース!!!


名前が強そう!!!


ガンダム世代にはたまらないネーミングでしょ。G-Armorみたいでカッコいい!笑。



そして名前に負けず劣らず、性能は発売当時はほんとに最高峰で、現在でもまったく見劣りしません。
いまだに愛用してるプロも多いですからすごいですよね。


そういえば発売が97年ということは、なんと今年で発売20周年だったんですね。


90年代から2000年代にAxe-fxが登場するまで、このG-Forceが空間系ギターエフェクターの間違いなく頂点でした。

EventideのH3000とかもありましたが、すんばらしいんだけどめっちゃ高いし、ライブで使うにはやはりプログラムチェンジのタイムラグが気になったんですよね。
フットスイッチで切り替えると、「どっこいしょ」という感じで、0.5秒から1秒くらい音が切れてしまうんです。

あと安定動作に117Vが必要っていうのがまた扱いにくく。。。



おいどんがG-Forceを選んだ理由は、やはりプログラムチェンジの速さ!
そしてチェンジしたときに、前のディレイの残響音が残るスピルオーバー機能が最高に素晴らしかったからです。

また空間系の音質も、北欧デンマークの会社らしく、湿度のある奥行きのあるサウンドです。

国が違うと文化も違うんですよね。。。

Eventideも高品位ですが、どこかアメリカのカラッとした空気のイメージがあり。。。
もちろん設定でいろいろいじれるんですけどね。

いまはEventide H9を愛用してますが、ほんとはこのtc.G-Forceの湿度のあるサウンドが大好きです。


あとDETUNEが特に好きでしたね。
Chorusではなく、あえてピッチをほんのすこしずらすDETUNE。
2つのピッチを数セントずらして原音に混ぜることによって生まれるコーラス効果が最高でした☆



あともう一つ特筆すべきは、ユーザーインターフェースが画期的だったこと。

11_20171213115916575.jpg


G-Forceには8つのEFFECTブロックがあります。

Comp、Filter(EQ、Resonance、Wah、Phaserなど)、Pan Tremolo
Pitch、Delay、Drive、Chorus/Flanger、Reverb

これらを液晶画面のアイコンを使って、直列にも並列にも、視覚的に自由に入れ替えが出来ます。


このユーザーインターフェースは、間違いなくAxe-fxがまんまパクってます!笑。

tc.electronic さん、コレ特許取っておけば良かったのに!!!

そしたらAxe-fxが売れるたびにチャリ〜ンチャリンと笑。


スマホで言うならiPhoneのユーザーインターフェースを、アンドロイドやXperiaがパクってるのと同じですね。

それくらいG-Forceのインターフェースは画期的でした。



しかし弱点もあり、空間系の音質は最高なんですが、プリアンプの音を直列でこいつに通すと、
一度アナログデジタル変換されてしまい、音質が変化してしまうんですよね。
おとなしくなってしまうというか、凶暴さがなくなってしまう。

その音も気にならないんなら問題ないんですが、やはりマーシャルプリアンプJMP-1の真空管のプリチューブの音をできるだけアナログのままパワーアンプへアウトプットしたい!ということになると、どうしてもミキサーが必要になります。

こうしてラックシステムは巨大化をはじめてしまうわけです笑。


むかしはこんなラックを使ってた時代もありました。
技術が進歩してEVENTIDE H9で全部出来るようになったのと、あまりにも重くってもうやめてしまいましたが、、、

RACK_201712131715378df.jpg

ラックの配線図などはあっきーどっとこむのWIRINGの記事をご参照ください。
http://akkki.com/gallery/


さて、そんなG-forceのバックアップ電池が、前回交換したのが2011年ということで、約6年。

2_20171213114038787.jpg



そろそろ危ないかな!ということで、またまたメンテナンスですだ!

G-forceはPCMCIAカードも使えるので、念のためこのカードにプリセットをバックアップしておきます。

3_2017121311403919a.jpg

このカードなつかしいなぁ。。。90年代のパソコンはこのカードで機能拡張してたんですよ。
カード型のモデムをつないだりね笑。

いまみたいにUSBなんてなかったんだからっ笑。

で、そんなPCカードのMEMORY CARD仕様がこれ。
なんと容量256KBですよ?・・・しかもバックアップに電池が必要っていう・・・

いまこの仕様で新製品発売したらグーで殴られますよね笑。

現代のEVENTIDE H9とか、Blue ToothでiPhoneでバックアップなんて・・・当時想像すらしてなかったですよ。


そんな時代のエフェクターなんですよねG-Forceは。。。





おっとまた話が脱線してしまったぁ。


ではいよいよG-FORCEをオープン!

10_20171213114049fb0.jpg

開いてみて思うことは、やっぱり中身は当時の超高級機。

良い素材つかってますねえ!

9_2017121311404849d.jpg


G-FORCEの使用電池はCR2032。

これを抜いてさくっと新品に入れ替えればよいんですが、、、

MEMORYカードにもさきほどバックアップしたし、、、


でも、、、なんか他に忘れてる初期設定とかあるかもしれないし、、、


出来れば・・・本体のプリセットも消さずにそのまま電池交換したい!!!


ということで、わたくし特製の、スーパーバックアップシステムを使用します!




これです!

11_20171213114051d29.jpg



ただ単三電池を二本つないだだけ笑。



CR2032は3V。この電圧によって本体のメモリの記憶させてます。


単三電池は一本1.5V。ふたつあわせて3V!


これを本体の電池ホルダーのプラスとマイナスの端子に並列に触れさせて、

そのあいだに古いCR2032をさくっと交換!




わかりますかこのなんともスリリングな感じ!!!




小さな端子ゆえクリップも使えず、かといってハンダもなるべく使いたくなかったので、端子を接触させてやりましたが、、、

一人で行うにはあまりにも難易度の高いアクロバティックな作業のため、、、撮れません写真なんて!笑。




もし出来れば、

可愛い彼女に「ねえ?ちょっとG-Forceの電池交換するからウチ来ない?」と言葉たくみに家に招き入れ、

「よ〜し、いまからオレが電池ホルダーのプラスの端子とマイナスの端子を接触させて3V通電させてるから、そのあいだに君はCR2032電池をさくっと抜き去り、そこに置いてある新しいCR2032と交換してくれないかい?」

ってなことが出来たら、その二人は初めての共同作業によってさらに愛を深めてゆくことになるかもしれませんね☆

(※マネされる方はあくまでも自己責任でお願いします)



というわけで、無事に電池交換が完了ですだ☆



そうそう本体のLED文字では「CHIBI-RARI」という文字がスクロールするようにしてたんですよ☆

当時のライブハウスで気がついた人はいたんでしょうか・・・汗。。。

12_20171213114052b33.jpg










■G-FORCE備忘録メモ
4_201712131140403ad.jpg

MIDI CHANNELは2を使用。CHANNEL 1はJMP-1に当てて使ってました。
これによって、GROUND CONTROLのような優秀なMIDIコントローラーを使えば、1番にはプリセット28を、2番にはプリセット1を、というふうに複数のMIDI機器のプリセットの個別コントロールがワンアクションで可能なのです。



5_20171213114042769.jpg

プリセットはカードではなく、ユーザーバンクを使用。


6_20171213114043083.jpg

フットMIDIコントローラーはGMC GROUND CONTROL PROを使用。


7_20171213114045c57.jpg

GMC GROUND CONTROL PROにエクスプレッションペダルを2つつないで、
コントロールナンバー7でボリュームを、16番でエフェクトボリューム、またはピッチチェンジなどを操作。



8_201712131140467e5.jpg

JMP-1とミキサーで並列にするので、キルドライをオンに。
こうすればプリアンプの音がデジタル処理された元音は出力されず、空間系のエフェクト音のみがアウトプットされます。

これによりギターのオーバードライブ音はアナログのままミキサーを通ってパワーアンプへ。
エフェクト音のみもミキサーを通ってパワーアンプへ。

芯がありつつ、空間系エフェクトも自然にミックスされます☆



最近はヴィンテージマーシャルにコンパクトエフェクターをメインにしてるのでラックシステムを使わなくなってしまったけど、まだまだ自宅では活躍してくれてます!!!









さてさて、そんなこんなで、ちびらりの年末ライブがいよいよ今週末!



恒例のアントンさん企画にまたまた参加させていただきます☆





「目黒アミューズメントパークVol.47」
〜2017年末スペシャル〜
24129661_1625398474184699_8251261186962578740_n.jpg


会場:東京 目黒ライブステーション
出演:AREDREDS/さかもとえいぞう/ポツダム巨人軍/ちびらり/JULiC/HELL DUMP/HELL FIRE/Heaven's Tragedy/RASTEIN


大先輩のさかもとえいぞうさんをはじめ、たくさんの素敵なバンドさんとライブ納め!!!めっちゃ楽しみにしております☆



→チケット取り置きはこちら



初心に帰る気持ちでギターを弾きますので、ぜひみんな来てね〜(^○^)
  1. 2017/12/13(水) |
  2. ギター・エフェクター

DIGITAL AUDIO TAPE



1_2017112019412703f.jpg



さて、以前も書きましたが来年はギター弾き始めて30周年!


初心に帰るということで、

先日ふと思い立ち、

実家に帰って押し入れをひっくり返しまして、

なんと!

25年ほど前のDATを発掘しました!


DATデッキもごっついのを持って帰って来たよ!



「DAT」と言っても今の若い人は聞いたことも無いかもしれませんが、
これはデジタル・オーディオ・テープの略で、1990年代当時は音楽業界標準の規格だったんですだ。

2_20171120194130620.jpg


大きさはカセットテープよりひとまわり小さい感じ。

カセットテープはアナログ方式ですが、これはデジタル方式です。


早い話が「デジタルだから普通のカセットテープより音質が良いYO!」ということで、当時のプロ用機材で、ずっと憧れでした。




ギターを弾き始めた1988年。

やがて、いろんなリフとか曲を作ってはMTR(マルチ・トラック・レコーダー)という、カセットテープに吹き込むようになります。

4トラックにたくさんの曲を録音したのですが、吹き込んだまま聞き返すこともなくそのテープもやがてどこかへ行ってしまうということが常態化しておりました・・・笑。




というわけで、そうした楽曲をトラックごとの音量調節などをしてこのDATにミックスダウンし、いちおうの曲というかたちにまとめて「マスター」という形で整理整頓して残すことにしてたのです。


当時の日付などもインデックスに記入してました。



思い起こせば1993年。

SONYからDATウォークマンが発売するとまっさきに購入し、
自分のデモテープのマスターダビングはもちろん、乾電池駆動も出来るのでライブを録音するのにも使用しましたね。

51Kkl15wM5L.jpg





さて、そんなDAT。。。



はたして25年も前のテープが、2017年の現在でも再生できるのか?




ドキドキしながらトライしてみましたが、、、



見事!!!




再生してくれております・・・すごい!!!



たまに、、、ガサガサっとエラーになってしまいますが、多少ら仕方ないですね。





というわけで、大至急、PROTOOLSに録音して永久保存することにしました!


3_20171120194131c47.jpg




現在は2017年。

自宅のコンピューターのPROTOOLS上で、

プロのスタジオクオリティのWAVESのEQやマキシマイザーをかけて再生することが出来るなんて・・・

まさかこんな時代が来るとは思ってませんでした。


これは、まさにデジタルの進化のおかげです。

当時1億円くらいしたスタジオのSSLやNEVEのコンソールが、自宅でデジタルで再現できちゃうんですから!
しかも個人でも導入できるお値段で!




こうして技術の進歩を体感すると、なんとも感慨深いものがあります。



電車で例えるなら、石炭で走る汽車から、特急列車になって、現在は新幹線になった、というくらいの進化ですね。








で、肝心の収録されている曲ですが・・・



うっ・・・ダセェ!!!




クソダセェ!!!



へったくそぃ!という感じで、今の自分からすると突っ込みどころ満載ですが、




それでも当時にしかない「若き情熱」がしっかりと封じ込められていて、まさに初心に帰る思いです。






こんな風に25年前の自分のプレイを時空を超えて聞いてみるのも、新鮮で良いものですね☆




当時はドラムマシンというものを持っておらず、CASIOの安物キーボードのドの音がバスドラム、ミの音がスネアドラム、シがハイハットとか割り当てられてるのを、リアルタイムでドンタンドドタンと指でプレイしていました。

これはかなりキツかったですよ!笑。

そして最初は4トラックでしたが、やがて8トラックのMTRを購入して、さらに待望のリズムマシンも購入して、、、と次々に機材を増やしながら、いろいろやってましたね〜

さて、そんなこんなで発掘された当時のデモ。

ちょっとお恥ずかしいですが。。。アップしますね☆

1994年のDEMOです。

Roland D-50の有名なプリセット音色、"Digital Native Dance"に触発されて作った曲。
ドラムを安物カシオトーンで手でリアルタイムで叩いているところがポイントです笑。

MTRは当時のYAMAHA MT8Xの8トラックカセット式。
ドラム1トラック、ベース1トラック、シンセ1トラック、バッキングギター1トラック、ソロ4トラックだと思います。





こちらはお金を貯めてついにドラムマシンを買って嬉しくてニコニコしながら作ったものです。
イングヴェイとトニー・マカパインの影響が強いですね!




こちらはRoland D-50の"Fantasia"の音色に触発されて作った曲。





お恥ずかしいですが、まさに若気の至り。

若くてヤングな情熱のパッションがファイヤー!!!しておりますね笑。








それにしても今回思ったことは、



80年代から90年代って「デジタル」というものが神格化され、


その神話の下に技術革新が進んで来たんだなあ、ということです。





時計もデジタル表示!

自動車のメーターもデジタルメーター!

ディレイもデジタルディレイ!



デジタルは良いことだ!デジタルはカッコイイ!


デジタルというだけで、未来を感じることが出来ました。




2000年代からは、「ちょっと待てよ?実はアナログもよかったんじゃ?」という風潮も復活してきて、現在ではレコードが見直されたりしてますね。

たしかにギターのエフェクターもデジタルディレイだと音がクリアすぎて、主旋律を邪魔してしまうことがあり、やっぱりアナログの方が適度にこもった音になって良い感じという場合もあります。

PROTOOLSなどでは、いかにアナログテープのサウンドに近くするか、というプラグインが多数発売されてるのも興味深いですよね。





デジタルとアナログ、それぞれの良さをきちんと把握し、ケースバイケースでチョイスしていく、


そのセンスが、今の時代には問われている気がします☆






そんな感じで、またしても原点回帰!!!な気分です。










さてさて、そんなこんなで、ちびらりの年末ライブが決定いたしました!



恒例のアントンさん企画にまたまた参加させていただきます☆





「目黒アミューズメントパークVol.47」
〜2017年末スペシャル〜


会場:東京 目黒ライブステーション
出演:AREDREDS/さかもとえいぞう/ポツダム巨人軍/ちびらり/JULiC/HELL DUMP/HELL FIRE/Heaven's Tragedy/RASTEIN


大先輩のさかもとえいぞうさんをはじめ、たくさんの素敵なバンドさんとライブ納め!!!めっちゃ楽しみにしております☆



→チケット取り置きはこちら



あらためて思うと、自分が高校生のころ、いつか大人になったら買いたい!と夢に描いていた機材を、

いまこうしていろいろ買うことができて、音楽活動が出来てるんだなあと、しみじみとありがたみを感じますね☆







そんな初心に帰る気持ちでギターを弾きますので、ぜひみんな来てね〜(^○^)
  1. 2017/11/20(月) |
  2. ギター・エフェクター

Axe-Fx ULTRAをバックアップ!


1_20171014122200902.jpg



完全に個人的な備忘録シリーズ第三弾。

Axe-Fx ULTRAのプリセットパッチバックアップ方法と電池交換!

これ書いておかないと絶対忘れるから〜⭐︎


Axe-Fx ULTRAのバックアップバッテリーの寿命が約10年とのことで、そろそろ「その時」が来てもおかしくないということで大至急バックアップですだ。


AXE-EDITはベータ版を使用。オフィシャルサイトのSUPPORT→LEGACYからダウンロードできます。
http://www.fractalaudio.com/legacy.php


Axe-Fx IIはUSB端子を装備してますが、Axe-Fx ULTRAはMIDI端子しかないため、Rolandの小型MIDIインターフェースUM-ONEが必要です。

まずはMacにUM-ONEのドライバをインストール。


つづいてAXE-EDITにて、UM-ONEを認識させます。

2_20171014122202f21.jpg


Axe-Fx ULTRAを認識したら、ここからバックアップ。
SYNCは、Axe-Fx ULTRA本体からのバックアップのみの一方通行で、本体プリセットに影響は与えないとのこと。
信じていいんですね?

4_20171014122910d3a.jpg

待ち時間にあたたかいジャワティーでもどうぞ〜なんていかにもアメリカンな感じで気が利いてますな⭐︎

3_20171014122203d9a.jpg



バックアップはここに入ってます。
よく見るとプリセット名にちびらりの曲名がたくさん入ってますな⭐︎

5_20171014122207912.jpg



6_20171014122205244.jpg



ほい〜これでひとまず安心ですだ〜⭐︎




さてここでCR2450 3Vを買ってきて、いよいよ交換することにします。

なお、CR2450 3Vは普通の電気屋さんでは売ってませんでした。
安定の秋葉原の千石電商でゲット。




ラックの天板を開けると、中はこんな感じ。



矢印部分がバッテリー。


1_201710182350506ab.jpg


冷却ファンが天上側についてるので、外すときには要注意ですだ。


その他は特に難しいところはなく、簡単に電池交換完了〜


3_2017101823505377e.jpg


それにしても、内部の配線やパーツもいかにも高品位なものばかり使われてるみたいで、さすが当時一世風靡した高級機種!って感じですだ。

先日修理したDigidesign Pro Controlも、もう少し頑張って欲しかったよなぁ・・・笑。

2000年前後のDigidesign製品は、電源ハーネス関係のトラブル多すぎでした。。。



7_20171018235519ed4.jpg

以前、海外サイトで、Axe-Fxのフロントインプットとリアインプットで、音が違う!
フロントの方がスペシャルスパイスが効いてる!みたいな話題を見かけましたが、もしかしたら、この白いケーブルがいい感じなのかもしれませんね⭐︎




さて、電池交換したので、いざAXE-EDITから復帰を。


2_201710182350525d5.jpg



バックアップファイルを選択して、FileからSend To Axe-Fxを。

ここで、下に0%か100%となってメーターが上がっていくんですが、100%になっても、Completeとか何も表示されないのでちょっと不安でしたが、確認したところ問題なく移行できてました。


がしかし!


ここで音出し確認したら、なんだか音がやけに爆音でおかしい。。。


調べたらアンプキャビでUSERをセレクトしているプリセットがおかしい。


そうだ!
REDWIREZのキャビネットシミュレーターを移行するのを忘れていた!


REDWIREZのことも自分でブログに書いてあったかな?と検索しましたが、
面倒だったらしく書いてない!笑。

バカ!オレのバカ!笑。



というわけで、記憶を頼りに・・・

4_201710182350545ca.jpg

これが元入っていたファイルみたい。

このIRファイルは、REDWIREZのサイトでメアド登録すればフリーでゲットできる、Marshall 1960Aのキャビシミュです。
http://www.redwirez.com


5_201710182350564e2.jpg

キャビシミュを保存してあるところから、ひとつずつ右クリックしてAxe-Fxに送信しました。





ファイルの日付だと、2011年にこの作業をやったみたいなんだけど、、、

たった6年で人は完全に忘れてしまうことができるのですね。。。




さらに、フットコントローラーのRJM MASTERMINDとEXPRESSIONペダルを接続してみたところ、なぜだかボリュームペダルが効かない!


なんでだろう?と、いろいろ調べた結果、またしても自分が以前に書いたブログに助けられました。

AXE-FXとGROUND CONTROLの設定

これは当時、当ブログをご覧いただいた方からの質問にお答えして書いた記事でしたね。

MIDIチャンネルが合ってなかったんです。



まさに、情けは人の為ならず。




人への親切は、ブーメランのように自分に返ってくるものだと痛感!!!笑。




6年前の自分に導かれるがままに、I/OからCTRLをセレクトし、EXTERNALをMIDIチャンネル7番を設定。





これで完璧!!!





いや〜これは、ほんとにブログ書いておかないと忘れるわ〜汗。



またしても備忘録のありがたみを、しみじみと実感したAxe-Fx ULTRAのバッテリー交換でした。


Axe-Fx ULTRA、まだまだ使い倒しますよ!!

ただいまコツコツやってるAZRAELのレコーディングでも大活躍してくれています☆


  1. 2017/10/14(土) |
  2. ギター・エフェクター
次のページ

プロフィール

あっきー

著者:あっきー


おいどんのプロフィールは
「あっきー物語」をご覧ください


ついったー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。